カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
見た目もどっしり、味わい深い酒器、カラカラ
やちむん 国場陶芸 カラカラ(赤絵 唐草)
3,564円(税264円)
残り1、売り切れ間近!
購入数

30150621
やちむん 国場陶芸 カラカラ(赤絵 唐草)
3,564円(税264円)
カラカラとは、沖縄の酒器のこと。
沖縄の方言で、カラ=貸せ、という意味だそうで、
みんなが集まる宴会などで、
貸せ貸せ=カラカラ、と言われたのが、
始まりとも言われています。

もともとは泡盛を入れるために作られ、
カラカラに泡盛を入れ、
小さいおちょこに注いで、
ストレートで少しずつ飲む、という
風習があるようです。
特に、泡盛を熟成させた古酒(クースー)を
飲むときに欠かせないよう。

このカラカラ、
徳利のような入れ口と、急須のような注ぎ口が、
いかにもチャンプルー文化の沖縄らしい、
独特の形をしています。
入れ口が広いので、
お酒をこぼさずに入れることができ、
注ぎ口がキュッと上を向いているので、
おちょこに注ぐときに、こぼさず
きれいにつげるように、工夫されています。

日本酒を入れても、
焼酎を入れても。
年代物のウイスキーや、
梅酒なども、
このカラカラでいただくと、
また格別な味わいになりそうです。

伝統工芸士の國場一さんが描く模様は、
まさに沖縄の伝統がぎゅっと詰まっています。
古くから沖縄に伝わる、唐草模様と、
琉球王朝時代から続く赤絵が混ざり、
まるで、昔話に出てきそうな、
古きよき沖縄の文化を感じます。

こちらは、180ml入る一合サイズです。
二人で、さしつ、さされつ、
一人で、ちびちび。
今日は、どんなお酒を入れようか、
悩むのも、また楽しいカラカラです。


---
工房:國場陶芸
サイズ:H6.5cm
素材:陶器
※作品はすべて手づくりため形状や色味が多少異なります。一つ一つの個性、風合いとしてお楽しみください。
この商品を購入する