カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
琉球の伝統的な赤絵、その美しさが光るお皿
やちむん 国場陶芸 3寸皿(赤絵)
1,026円(税76円)
30151055
やちむん 国場陶芸 3寸皿(赤絵)
1,026円(税76円)
両手のひらに、すっぽりと収まる、
小さめのサイズ。
手に取ったときの第一印象は、
お刺身を食べるときの醤油皿によさそう、
餃子のときの、タレを入れたい、
そんな風に、汁物が合いそうな気がします。

こちらは平らな皿ではなく、
横から見ると、浅皿のようなちょっとした深さがあります。
このような形、実は沖縄の食文化が影響しています。
沖縄は大家族が多く、大皿にどーんと盛って、テーブルにのせ、
それぞれが取り皿に取って食べるスタイル。
おかずは、ラフテーやゴーヤチャンプルなど、
汁気が多いものばかりなので、
お皿は、このような深さのあるものになったのだとか。

そして、平べったいうつわとは違って、
うつわの底が少しだけ高くなっていて、
テーブルとの間に隙間ができるので、
片手でひょいと持ち上げやすく、
醤油やタレをこぼさずに
つけられるのもうれしいところ。

醤油だけでなく、
揚げ物に添えるタルタルソースや、
ケチャップ、マヨネーズをのせても。
ちょっとした箸休めや、薬味も、
こんな小皿にこんもりのせると、
まるで料亭のように見えます。
そのほかにも、
デザートのフルーツを一切れ、
チョコレートを一粒、など
驚くほど使い道が広がります。

こちらの赤絵は、
琉球王朝の時代には、高貴な人たちのみが
使っていたという、格式が高いお色です。
伝統工芸士の國場一さんならではの、
白化粧に生える、
鮮やかな赤絵がとても印象的です。

食卓以外にも、
ネックレスやイヤリングなどの
アクセサリーや、ポプリを置いたり、
いろいろな楽しみ方を想像するのも、
また楽しくなります。


---
工房:國場陶芸
サイズ:約φ9.2*H3cm
素材:陶器
※作品はすべて手づくりため形状や色味が多少異なります。一つ一つの個性、風合いとしてお楽しみください。